服飾関係の仕事に就く|ファッション系の専門学校に通おう

婦人

志望校の選び方

イラスト

オープンキャンパスの魅力

ファッションを学ぶ専門学校は全国にたくさんあります。学科やコース名が同じであっても、実際に学ぶ内容や取得可能な資格はそれぞれ違いがあるものです。思っていた内容の講義が受けられない、必要な資格が取得できないことが入学後にわかったら大変です。学校によってカリキュラムに差があり、どの専門学校を選ぶかによってその後の進路も変わってきます。「やっぱり別の学校にすればよかった」と後悔しないために、事前の情報収集は大切です。納得して通えばモチベーションアップにもつながるはずです。そのため、多くの専門学校が行っているのがオープンキャンパスです。オープンキャンパスとは、学校へ入学を希望している学生やその家族に対して施設内を公開し、学校を知ってもらうためのイベントです。施設を見るだけでなく、学校のカリキュラムや就職に関する情報も公開されます。参加することで、パンフレットでは知ることのできない情報を得ることができます。先生やスタッフ、在校生に直接話を聞くチャンスでもあります。学校によってはオープンキャンパスで独自のイベントが行われることがあります。ファッションを学ぶ専門学校であれば、在校生によるファッションショーや作品を見るチャンスもあるでしょう。作品の制作など実際のカリキュラムの一部を体験できる学校もあります。オープンキャンパスに行った際に、学生たちが使用している設備を確認することも大切です。教室の広さは十分か、授業で使用する器材の数は揃っているかもチェックすべきポイントです。ファッションを学ぶカリキュラムの中には、実習や課題が多くあります。そのため、ミシンやマネキンの数はスムーズに課題に取り組むために大切な要素です。自分の目で学校を見て判断できることが、オープンキャンパスのメリットです。

笑顔の女性

専門分野学べる

ファッションの専門学校にはさまざまなコースがあり、集中して学べるというメリットがあります。業界で活躍しているプロが講師の場合もあり、プロの目から評価してもらうこともできます。アパレル企業と結び付きがある学校では、業界との繋がりができる可能性もあります。

グッズ

雑貨のプロが人気

雑貨のデザインなどが学べる雑貨専門学校は、趣味を仕事していける可能性が高く、若い世代から人気があります。教育の裾野が広いため、卒業後はデザイナーやショップの店員、商品企画などに携われる可能性があります。

勉強する女性

仕事の幅を広がる資格

美容学校では、美容師免許の受験資格をはじめとして、エステやネイル、着付け、メイクなど美容全般に関わる資格を取得することができます。美容師になるにしてもエステティシャンやメイクアップアーティストをめざすにしても、関連分野の知識と技術があれば、仕事に活用することができるでしょう。