服飾関係の仕事に就く|ファッション系の専門学校に通おう

ウーマン

仕事の幅を広がる資格

勉強する女性

美容に関して幅広く学ぶ

美容学校とは、厚生労働省指定の美容師養成施設のことです。美容学校によっては、美容師養成課程だけでなく、エステやヘアメイクなどを専門とする課程を置いているところもあります。美容師養成課程を履修すると、国家資格である美容師免許の受験資格を得ることができます。注意する必要があるのは、美容師免許が取得できるということではなく、受験資格を得ることができるという点です。ただしまじめに授業を受けていれば、美容師の国家試験に合格するのはそう難しいことではありません。美容師養成課程以外の専攻過程は、ヘアメイクアップアーティストやエステティシャン、ネイリストなどを目指す人を対象にしています。そのためヘアやメイク、エステ、ネイルなど美容に関わる分野を学びます。取得できる資格は、美容学校によって異なりますが、多いのが着物の着付けやエステ、ネイル・ジェルネイル、色彩・パーソナルカラー、ヘアやメイクの関連資格になります。ネイル・ジェルネイル資格は、ほとんどの美容学校でJNECネイリスト技能検定1〜3級とJNAジェルネイル技能検定試験初級〜上級になりますが、その他は、複数の民間団体がさまざまな資格を主催しているため、どの資格になるかは美容学校によって異なります。これら資格は、美容師養成課程の学生でも取得できるようにしていることが多いです。関連資格を取っておけば、将来の仕事の選択肢も、仕事の幅も広がりますので、積極的に取得するといいでしょう。